東京都内でおすすめの葬儀社と終活を始める時期について

葬儀比較
最初にお勧めしたいのがNPO安心生活支援センターでNPO法人が運営している葬儀社です。

NPO法人というのが一番のポイントで、非営利法人となるので一般的な会社と異なり大幅に葬儀費用の削減が出来るのが魅力と言えます。

公営の斎場、葬祭費補助制度を積極的に利用することによりかなり費用を抑えることが出来、さらに社葬レベル以外ならかなり大規模な葬儀まで対応してもらうことが可能です。

安心できる大手がいいという人には東京、神奈川、千葉、埼玉、山梨の一都四県で営業しているセレモアがお勧めです。

家族葬といった一般的な葬儀だけではなく社葬、団体葬も対応しているのが特徴で、直営の葬儀場を11箇所に所有していて葬儀に関するサービスをトータルでサポートしてくれる会社です。

セレモアは見積もりをウェブで請求して確認することが出来、低価格なパックプランもあるのでコスト面でも安心して利用できる会社です。

東京都内の葬儀屋の中でイチオシは日比谷花壇のお葬式ということが出来ます。花屋として知られる大手日比谷花壇が運営している葬儀社で、一都四県以外にも関西方面の2府2県で営業しいています。

母体が花屋なので仏壇が華やかなといった特徴があります。さらに魅力は遺族の要望に合わせたコーディネートがしてもらえる点で故人を偲ぶのに最適な葬儀を提供してくれます。

先ほど紹介した2社と比較して料金は高めになりますが安心感と遺族の意向を汲んで最適なプランを提示してくれるので満足度が高い葬儀社ということが出来ます。

【比較】【葬儀のお悩み解決】お葬式の費用や準備ならお任せ!安心の業者比較

終活はいつから?

生前に葬儀社を選ぶことに抵抗がある人もいるかもしれませんが、終活の一環として生前から選定しておくのがベストと言えます。

死後遺体はすぐに搬出する必要があるので事前に葬儀社を決めておけばスムーズに事が運びます。それに自分の要望を取り入れることが出来るのも魅力と言えます。

ちなみに終活は定年を機会として取り組む人も多いと言えますし、病気や入院がきっかけで考える人も少なくありません。

特に何歳からといった決まりはありませんが自分を改めて見つめなおし先の事について考える心の余裕がある内に始めることをお勧めします。