30代薄毛女性の柑気楼初体験まとめ

30代薄毛女性
ホルモンバランスが悪く、肥満気味の30代です。頭皮のかゆみがひどく、時にはかさぶたが出来てしまうことも。

抜け毛もひどいので、寝起きに枕を見てギョッとしまうこともあります。そんな私が柑気楼を試してみました。

柑気楼はとても有名な育毛剤ですが、今は種類も増えてきているのでもっと成分が豪華な物もたくさんあります。柑気楼は主に頭皮の保湿と血行の促進がメインですね。

私は頭皮が乾燥しがちでかゆみが強いので、条件には合っています。まずはライトな育毛剤から試してみたかったので、柑気楼を選びました。

何より、香りがとても良いんです。みかんやゆずなど、柑橘系の香りがします。とても爽やかで、上品な甘さを感じる香りです。

ドラッグストアで販売している安い育毛剤を試したことがあるのですが、それは本当に昭和の香りだったんですよね。柑気楼なら良い香りなので日中も使うことができます。

これを、洗髪して髪をよく乾かした後に使います。その後すぐに寝ました。そして翌朝の感想なのですが、いつもは朝起きると頭をポリポリするほど慢性的なかゆみがあったんです。

しかし、初日からすぐにかゆみが引きました。頭皮のかゆみが強い日に使ったので炎症しないか心配だったのですが、それどころかかゆみが一切ありません。主人に指摘されて気付いたのですが、枕にも髪があまりついていません。ここ数年で初めてのことでした。

柑気楼にはグリチルレチン酸という消炎剤成分が入っています。かゆみを抑制したり、肌の炎症を抑える働きがあるので、これが私の頭皮によく効いたみたいですね。

頭皮はお肌と同じで、乾燥するとかゆみを伴います。そのため、オタネニンジンエキスや柑橘系エキスの保湿も相性が良かったみたいです。

今現在は半年ほど使っていますが、かゆみや抜け毛は激減しました。かゆみに関しては極端なかゆさは一切出ていません。

ただし柑気楼に含まれている育毛成分はあまり多くはないんですよね。そのため、ステップアップも考えています。

少し薄毛が気になる、かゆみが気になる程度なら柑気楼一本でも良いのですが、出来ればもっと増毛したいので。育毛剤最初の一本として、軽い薄毛の方にとてもおすすめです。